コードギアスのDVDジャケット


コードギアス 反逆のルルーシュ 1
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 01

ルルーシュとスザクである。『コードギアス』のキャラ原案はCLAMPで、それをアニメ用に木村貴宏さんが仕上げたわけだが、線の細いルルーシュは特にCLAMPの影響を色濃く感じる部分である。第1話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ 2
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 02 

ヴィレッタ、ジェレミア、そしてC.C.である。第19話だったと思うが、DVDのオーディオコメンタリーで木村氏が語っていたが、木村氏にとってはC.C.は思い入れが強いキャラクターらしい。第2話〜第4話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ 3
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 03

セシル、ロイド、そして第2回目の登場のスザクである。第5話〜第7話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04 

カレン。谷口監督は、カレンという名前を付けるのを最初はためらったらしい。それはかつて『無限のリヴァイアス』でカレン・ルシオラという非常に印象的なキャラクターの名前に一度使用したからである。でも、結果としてはカレンで良かったのではないか。いい名前だ。そして、いい味を持っているキャラだ。第8話〜第10話収録

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 05 

コーネリア。第1期で最も悲劇的なキャラと言えるのではないか。コーネリア役の皆川純子は、なんとあの『テニスの王子様』の越前リョーマ役を演じている。あまりの違いに驚くばかり。『ガンダムW』のリリーナと『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけの声優が同じであると知った時以来の衝撃。第11話〜第13話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 

シャーリー、第2回目の登場となるC.C.とルルーシュ。シャーリーのエピソードの切なさというのは非常に味わい深いものがある。第14話〜第16話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 07

シュナイゼルとラクシャータ。このジャケット絵、ラクシャータの胸がエロい。シュナイゼルは第1期では結局謎のキャラであった。第2期での活躍に期待したい。ラクシャータはロイドと過去に何かあったような感じである。その辺りも第2期で明らかになるのだろうか。第17話〜第19話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume08
コードギアス 反逆のルルーシュ volume08 

ダールトン、ギルフォード、そしてユーフェミアである。この明るいユーフェミアの表情と本編とのギャップは激しい。第22話『血染めのユフィ』は、ギアスのような超能力が登場する作品において、考え得る最も残酷な状況を演出した話だが、作り手としてはこの手のストーリーを実際に演出することは勇気がいるはずだが、見事にやりとげた。結果第22話は、おそらく監督の意図通り、驚くほど後味が悪い話に仕上がったのだ。第20話〜第22話収録。

コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻)
コードギアス 反逆のルルーシュ volume09 (最終巻) 

初登場のナナリー、そして3回目の登場であるC.C.とルルーシュ。第1巻での屈折した表情のルルーシュと違い、悪魔的笑みを浮かべるルルーシュ。第23話〜第25話収録。

 

 

もどる